D-カルシウムパントテン酸

  • D-Calcium Pantothenate

    D-カルシウムパントテン酸

    D-カルシウムパントテン酸は、水溶性ビタミンB5のカルシウム塩で、植物や動物の組織に広く見られ、抗酸化作用があります。ペントテン酸はコエンザイムAの成分であり、ビタミンB2複合体の一部です。ビタミンB5は成長因子であり、炭水化物、タンパク質、脂肪酸の代謝を含むさまざまな代謝機能に不可欠です。このビタミンは、コレステロール脂質、神経伝達物質、ステロイドホルモン、血球の合成にも関与しています...